第二章 トリカブトの華


連載期間

:セファーのお城
2014年 10月24日 ~ 2015年 12月18日(毎週木曜更新) (*1)

:小説家になろう
2015年 7月3日  ~ 2015年 12月12日(1日おき更新) (*2)




全話数

第0話を含めて全43話

概要

管理人の一次創作第二作目。前作の3年前、2034年の日本が舞台。
主人公はフォルテシア・クランバートル。
だが、フォルテシア以外のキャラを視点とした話もあり、
サカ、ヴィルヘルム、蔭山などを視点とした話がある。
主人公以外のキャラの視点に切り替わるのは本作が初。

第一章を連載した2013年の時点で構想はしていたが、執筆に時間がかかったために
(一度ちゃぶ台返し(書き直し)もあったため)
本来は2014年の3月に連載するはずが延期が続き、執筆後の編集も相まって、
4月、5月、6月、7月、8月、9月、ついに10月まで延びてしまった。

連続殺人事件を追う形で進むため、前作とは進み方が異なる。

2015年7月より小説家になろうでも第一章完結後にすぐ連載されたが、
実際に起こってしまった事件に配慮するため一旦休載。
しかし、その後同様の事件が起こったり、小説本編の編集が不十分だったり、
管理人が風邪を引いたりした関係で結局同年の10月4日まで休載する事になったが同年12月に無事に完結。

また、この章を最後に連載サイトはなろうに一本化される事となり、
セファーのお城で連載された最後の作品となる。

詳しく知りたい方は休載から再開まで書かれたなろうでの活動記録を参照。←袋とじ


変更点

前作の第一章では話ごとに冒頭に「Year and month」の後に何年何月か、
「Storyteller」の後にその話は誰視点か明記されていたがそれがなくなった。
読んでいく中で誰視点かどういう状況かを分かっていく事を狙っての変更点。
この仕様は第一章の加筆修正版(小説家になろう版)でも適応。


あらすじ

2034年。日本各地ではナイフとみられる凶器を使った連続殺人事件が起こっていた。
その事件の被害者は必ずナイフで腹を刺されて死んでおり、
金品は抜き取られ、遺体の傍には必ず「トリカブト」の花が一輪ある事から
警察は同一犯による連続強盗殺人として捜査を進めたが、一向に犯人の目星がつかない。

そのため、警察はJGBに捜査協力を要請した。
JGBの長官、フォルテシア・クランバートルは直々に犯行現場に赴いた。

JGBが本格的に動き出した際には既に6人が殺されていた。
6人は年もバラバラで職業も住む場所も異なり、共通の接点はない。

だが、この事件の"本当の意図"は他にあった・・・・・


登場人物

は主人公。
はそのキャラを視点にした回があるキャラ。







脚注


  • 最終更新:2016-07-19 00:09:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード