新秋葉原

概要


新秋葉原(しんあきはばら)はいずみ島の西側を占める。
オタクと娯楽の街として有名で本家の秋葉原に引けを取らない巨大歓楽街。
政府が外国人観光客を呼び込み、経済を活性化させる一貫で
打ち出して誕生したスポットの一つで、秋葉原を元に作られ、
名前も投票により決定した経緯がある。
東側には時ノ町が存在する。

初期設定


初期の構想では、政府によって漫画やアニメなどが規制された世界だったために
政府の圧力で潰された秋葉原に代わっていずみ島で誕生したという街だった。

かつては秋葉原にあったオタク文化がごっそりこちらに移転してきて誕生した新たな秋葉原。
政府による東京都全体の土地改革のためオタク文化を嫌う政府上層部は
秋葉原にあるこれらの文化を一蹴していずみ島に退去を要請するという強引な改革を行なった。
これに関しては当時業界を中心に批判が殺到したが、
数年後元々あった秋葉原はやがて佐久間というビジネス街へと姿を変え、
日本経済を支える新たな柱が出来た事からこれを支持する者もいる・・・・というものだった。

  • 最終更新:2015-04-26 13:39:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード